top of page
検索
  • 執筆者の写真地域密着の解体工事屋 株式会社フジテック岩手

一関市以外、気仙沼・登米・栗原も対応可能です!

こんにちは、株式会社フジテック岩手のweb担当です。

先日3月9日、10日に開催した農機具展示会では、多数のお客様にご来場いただき大変ありがとうございました!

特に解体相談コーナーは途切れることなくご来場いただき、皆様の関心とニーズの高まりを実感しております。


その際、宮城県北のお客様からご相談いただく機会が何度かございました。

また、最近では当ホームページからのお問い合わせも宮城県北の方から頂くことが多くなりました。


弊社フジテック岩手の解体工事は、一関市と周辺市町村、気仙沼市、登米市、栗原市、平泉町に対応しております!

現在、ご依頼多数につき機材と作業員の確保にお時間頂戴しておりますが、まずはお気軽にご相談いただき、現地調査とお見積りさせていただければと思います。


建物の解体はそうそう経験するものではありませんし、まとまった金額が必要になります。

特に石綿(アスベスト)が使われている場合、法令(大気汚染防止法)により工期と金額がかさんでしまいますので、余裕をもって知識のある技術者による調査をおすすめします。


ご家族や関係者の方、近隣住民の方などとよくご相談のうえ、ご注文いただければ幸いです。



最新記事

すべて表示

解体工事費用のローンについて

岩手県一関市の皆様、こんにちは! 岩手県一関市地域密着の解体工事専門店フジテック岩手のブログ担当です。 本日は、解体工事費用のローンに関して皆様にお伝えさせていただきたいと思います。 解体工事費用はローンできますか? 金融機関によっては空家解体などの専門ローンを提供しています。 空家解体工事にかかる費用(対象物内にある家財等、同じ敷地内にある立木・ 庭木・池・門扉・塀・雑草等の処分費用を含む)をサ

一関市で解体工事をした際の滅失登記とは

岩手県一関市の皆様、こんにちは! 岩手県一関市地域密着の解体工事専門店フジテック岩手のブログ担当です。 本日は、解体工事をした際の滅失登記に関して皆様にお伝えさせていただきたいと思います。 滅失登記とはなにか? 滅失登記とは、建物に関する登記を閉鎖する手続きのことです。 対象となる建物を解体工事し、建物が無くなった場合、そのまま放置しておくと「登記内容(建物がある)と事実(建物はもう存在しない)に

Comments


bottom of page