top of page
検索
  • 執筆者の写真地域密着の解体工事屋 株式会社フジテック岩手

解体工事費用のローンについて

岩手県一関市の皆様、こんにちは!

岩手県一関市地域密着の解体工事専門店フジテック岩手のブログ担当です。

本日は、解体工事費用のローンに関して皆様にお伝えさせていただきたいと思います。


解体工事費用はローンできますか?

金融機関によっては空家解体などの専門ローンを提供しています。

空家解体工事にかかる費用(対象物内にある家財等、同じ敷地内にある立木・

庭木・池・門扉・塀・雑草等の処分費用を含む)をサポートできます。

また、空家解体後の土地の有効活用にかかわる各種費用(駐車場造成の場合、

アスファルト工事・ライン引き・コインパーキング設備装置等)など、

幅広くサポートしています。


ローンだと金利が気になる・・

特定の金融機関ですと市町村と提携し、一定の条件を満たせば金利を優遇している場合があり、一関市にお住まいの方も優遇される可能性があります。

また、一関市では空家等解体工事資金利子補給補助金を設けています。

これは空家等の所有者が、金融機関から借入して解体する場合に、借入金額の利子を市が支援する制度です。

どちらも対象になれば負担が軽くなるので、調べてみて損はないですね!


他にはどんな支援がありますか?

過去にはがけ地近接等危険住宅移転事業というものもあり、こちらはがけ地の崩壊等から市民の安全を確保し、危険住宅の移転を促進するため、危険住宅の移転を行う者に対し、予算の範囲内で補助しますという制度もありました。

(危険住宅とは、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)第9条の規定に基づき岩手県知事が指定した市内の土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)にある住宅が対象になります)

移転の際、住宅の除去の一部費用を補助できます。こちらは令和5年度分は予算に達したので受付は終了してしまいましたが、令和6年度はまだ受付を開始していないようなので、同じように支援制度が受付開始すれば補助してもらえる可能性があります。

家屋などだけではなく一関市では地震等の発生時に倒壊し、通行を妨げ、又は人に危害を及ぼすおそれのある 市内のブロック塀等を除却することにより、安全の確保を図るため、一関市ブロック塀等安全確保事業という制度もあります。

こちらも対象になれば補助を受けられますのが、募集件数に限りがありますので支援を希望の方は注意が必要です。

今回は以上になります。最後は支援の話になりましたが参考にしていただければ幸いです。




閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近の気になるニュース。。。

新年度もあっという間に1か月が過ぎましたね。 連休を楽しまれている方も、お仕事の方も、今朝は冷えましたがお元気でしょうか? さて、最近の気になるニュース2本。 【NHK】“消滅する可能性がある”744自治体 全体の4割に 人口戦略会議 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240424/k10014431611000.html 【日経新聞】「放置空き家」20年間で1

一関市以外、気仙沼・登米・栗原も対応可能です!

こんにちは、株式会社フジテック岩手のweb担当です。 先日3月9日、10日に開催した農機具展示会では、多数のお客様にご来場いただき大変ありがとうございました! 特に解体相談コーナーは途切れることなくご来場いただき、皆様の関心とニーズの高まりを実感しております。 その際、宮城県北のお客様からご相談いただく機会が何度かございました。 また、最近では当ホームページからのお問い合わせも宮城県北の方から頂く

一関市で解体工事をした際の滅失登記とは

岩手県一関市の皆様、こんにちは! 岩手県一関市地域密着の解体工事専門店フジテック岩手のブログ担当です。 本日は、解体工事をした際の滅失登記に関して皆様にお伝えさせていただきたいと思います。 滅失登記とはなにか? 滅失登記とは、建物に関する登記を閉鎖する手続きのことです。 対象となる建物を解体工事し、建物が無くなった場合、そのまま放置しておくと「登記内容(建物がある)と事実(建物はもう存在しない)に

Comments


bottom of page